2016年4月14日 (木)

羽田空港の増便による新飛行ルートについて、撤回を求め国交省と交渉

1


 国が東京五輪までに羽田空港の国際線を増便するため、23区上空を飛行する離着陸計画を立てていることについて、きのう(13日)、「羽田増便による都心低空飛行計画に反対する東京連絡会」の国交省交渉が行われました。


 各地から住民の方や日本共産党国会議員、区議、市議など70人が参加し、この計画が都民に十分に知らされていないことや、羽田空港の離着陸は内陸部を通らず、海側を通って行うというこれまでのルールを壊すものであることを強調し、「計画は撤回を」と要請しました。


 ところが、国交省は「東京オリパラに間に合わすため」と言って、今年8月ごろまでに計画案をまとめるという姿勢を示しました。国の説明が不十分であることを国交省自身認めながら、計画を強行しようという、とんでもない姿勢です。


 目黒区では目黒の三田地域の上空を高度400mから500mを飛行する計画で、これに反対する「目黒三田地区の環境を守る会」の代表や目黒本町の住民の方が交渉に参加しました。


 大至急、撤回させる取り組みを強めなければなりません。


 目黒区議会では、羽田空港の新ルート計画の見直しを求める区民からの2回にわたる陳情に対し、自民、公明などが不採択にしてしまいました。


 現在行われている区長選では、こういう自民、公明に推されている現区長ではなく、住民の声を十分に聴き、国に物を言える小泉一さんを区長に選出しなければなりません。

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

介護保険料引き下げ署名を提出

P10100071


今年4月の介護保険制度改定に合わせ、介護保険料が大幅に引き上がることが予想されるなか、日本共産党目黒区議団は3日、区に対し、介護保険料の引き下げを求める署名を提出しました。鈴木勝副区長が受け取りました。(写真)

 第1次分として提出した署名は1027人分。「年金が引き下がって多くのお年寄りの家計がたいへんになっているなかで、介護保険料の引き上げは大きな打撃になる。署名に込められた切実な願いに耳を傾けてほしい」と訴えました。 

 鈴木副区長は「署名に対しては重く受け止めている。本来ならば介護保険制度は国が充実させるべき課題で、23区の区長会でも国に要望している。高齢者が増える中で介護給付も増え、保険料の設定はたいへんである」と述べました。

 党区議団は再度、保険料引き下げへのあらゆる努力をしてほしいと強調しました。

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

防災懇談会

 私の地元の町会と付き合いのある町会との合同の防災懇談会。木造住宅密集地域での防災強化策、避難所運営など区からレクチャーを受け、意見交換しました。「実際、体育館などの避難所は、一人当たりどのくらいのスペースなの?」「日頃の心がけが大切では」など意見が相次ぎました。

 東京都の地域防災計画が南海トラフ地震を踏まえて改定されるそうですが、わが自治体の防災計画もたえず、チェックしていくことが重要であると感じました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

集団的自衛権の行使容認、とんでもない

 きょうの朝、東急西小山駅前で宣伝していたら、「ぜひ、安倍首相の暴走を食い止めて」と数人から握手されました。目黒の仲間たちもがんばっています。Img019

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

小型消防ポンプ操法大会で「優秀技能賞」

 1日に行われた目黒区の小型消防ポンプ操法演技発表会。町会・自治会の市民消火隊が日頃の練習成果を競い合いました。わが向原東町会第1防災隊はD級ポンプの部に出場。私は「1番員」として出場しました。直前の練習だけでどうかと思いましたが、またもや今年も「優秀技能賞」を獲得(^○^)よかった、よかった。

 しかし、肝心なのは、実際の災害時に練習成果を生かすこと。と、みんなで気を引き締めています。

 Dscn3903

| | コメント (0)

2014年5月25日 (日)

自衛隊機ブルーインパルスが展示飛行

 国立競技場の改築に向けて、同施設を管理する日本スポーツ振興センターは5月31日にイベントを開催します。そのなかで、同センターから依頼を受けた文部科学省は防衛省にたいし、自衛隊機であるブルーインパルスの展示飛行を行うよう申し入れ、同日午後5時35分から45分の間(予定)に飛行されることになりました。

 ブルーインパルスといえば、1982年に自衛隊浜松基地で墜落事故を起こし、パイロット1人が死亡、住民12人が負傷しました。こうしたこともあり、飛行ルートに関係する自治体の日本共産党区議ら(私も参加)が党国会議員団東京事務所を通じて、23日に文科省と防衛相に対し、経過説明と住民への周知徹底はじめ、事故が起こらないよう十分な態勢をとることを求めました。

 文科省は、ブルーインパルスの飛行について、1964年の東京オリンピック開会式でフライトしたことにちなみ、現国立競技場の閉鎖に当たり、夢と感動を再び味わってもらえたらと説明しました。

 今回の飛行は平行飛行で曲芸飛行は行わない予定ですが、国立競技場周辺の人口密集地を4回周回するようです。目黒区では東急東横線の北西部付近を飛行します。

 文科省は飛行ルート下の住民約1万1千世帯にお知らせを配布したとしていますが、どれだけの騒音がでるのかなど、詳細は記されていません。目黒区では5月25日号のめぐろ区報やホームページに掲載する措置をとりますが、国立競技場を管轄する国の説明が直近になり、内容も不十分であることについて善処を求めました。(写真は当日の飛行ルート)1

| | コメント (67)

2014年5月11日 (日)

目黒区の水防訓練

140511_104443   きょうは目黒区の水防訓練。最近、突発的な豪雨による都市型水害対策が課題になる、訓練の重要性が高まっています。目黒区でも昨年7月に1時間当たり100mmという豪雨があり、床上・床下浸水など188件の被害がありました。自分の地域に土のうがどこに設置されているのかなど把握しておかなければなりません。改めて水防対策の必要性を認識しました。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

あけましておめでとうございます

 新春にあたり心よりごあいさつ申し上げます。昨年の参院選、都議選での前進を生かし、くらし支える政治の実現のために力を尽くしていきます。

 区内では特別養護老人ホームの待機者や認可保育園の待機児の増加、零細業者の厳しい経営状況などにより、福祉や子育て、営業への支援を望む声が強まっています。住民の福祉や生活を支えるという地方自治体としての役割の発揮が求められているにもかかわらず、区は「行政のスリム化」などといって「公の役割」を軽んじています。

 区が現在進めている区有施設の見直し計画でも、コスト論や効率化を優先して施設の縮小をめざす、また「受益者負担」を持ち出し、区民負担を引き上げていくことを当然とする立場であり、区民生活の実態からの検討はきわめて弱いのが特徴です。区有施設問題を突破口にして、区職員を一気に減らし、区民生活支える仕事から一気に手を引くことは許されません。

 区有施設は「リストラありき」ではなく、区民の目線で見直し、施設の老朽化対策のための改善・改修計画を早急につくるときです。

 地方への「行革」の押しつけや、交付金・補助金をどんどんカットしていく国の政治を改めるとともに、特養ホームの増設はじめ介護対策の拡充、保育園の待機児解消などすすめ、街づくりでは住民が主体となり建物の耐震強化など大地震から区民のいのちと財産を守る区政の実現のために、今年もがんばっていきます。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

平和もちつき

1477958_1434368936780148_1857810731


 12月23日は目黒原水協、平和委員会、東京土建目黒支部などが集まり、被爆者へつきたてのお餅を配る取り組みが行われました。毎年、に実施しています。

 私も毎年、地域の被爆者の皆さんにお配りし、近況をお聞きしています。「変わりなく元気だよ」という声が返ってくるとほっとしますが、10年前と比べると亡くなっている方も多く、訪問数は減っています。被爆者への援護を政治の力でしっかりしていくとともに、核兵器廃絶の取り組みを強化しなければと思います。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

「オスプレイの横田基地配備に反対する陳情」不採択

 秘密保護法案に賛成した勢力は、区議会に提出された「CV22オスプレイの横田基地配備に反対する陳情」を不採択。きょうの企画総務委員会で質疑し、採択を主張したのは共産党の私だけ。自民、公明、みんな+民主は質疑もせず不採択。「そんな事実はない」なんていうけれど、猪瀬都知事が会長を務める「横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会」だってオスプレイについて正確な情報提供を国や米国に求めている。

 秘密保護法案が通ったら、私たちの知らない間に「そんな事実はない」といって、気が付いたら横田基地は政権党と米国のやりたい放題、なんてことになりかねない。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき