« 補助46号線事業説明会 | トップページ | 碑文谷八幡の祭 »

2013年9月 9日 (月)

学習

 この土日は、議会の質疑の準備をはじめ、「社会保障制度改革」の学習会、お誘いを受けたシンポジウム「住民投票のバトンをわたそう」に参加するなど、勉強づくめの週末でした。

 社会保障の問題では、医療、介護、年金、保育ともに、自己負担をいっそう引き上げる一方、給付やサービスは引き下げるという、とんでもない方向性であることがよくわかりました。消費税を増税しても、社会保障の充実にはいっさいつながらないどころか、底なし沼の負担増であることは明白です。

 そして、住民投票の運動をしている方々の取り組みは新鮮で興味深い内容でした。私たち議員は行政に対して議会などを通じてものを言うことができますが、住民の皆さんが直接行政を動かすのはたいへんなことです。住民投票は議会制度とともに直接民主主義制度を発展させるうえで重要だと思います。  

 学習の成果を、これからの活動に生かしていかなきゃなあ。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 補助46号線事業説明会 | トップページ | 碑文谷八幡の祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補助46号線事業説明会 | トップページ | 碑文谷八幡の祭 »