« 都営住宅入居募集 | トップページ | 目黒区で商工まつり »

2013年7月27日 (土)

認可保育園不足の解消に向けて

 27日付の「しんぶん赤旗」首都圏版でも報じられていましたが、東京都の福祉保健局の発表したところによると、認可保育園の入園を望んでも入園できない子どもが2万人を超えたそうです。目黒区でも第一次募集の結果で600人以上の入園できない子どもがいました。

 認可保育園に入れなければ、認証保育園や無認可、保育ママさんのところに預けるしかありません。認可保育園の空き待ちも1園あたり30人以上並んでいるといった状況です。

 なかには、認可保育園に入るためには片親になって点数を上げるしかないと、離婚をすることを話し合っているとか、そんな状況があります。認可保育園に入るために離婚なんて、これが「経済大国」日本の姿なのか…

 日本共産党の大山とも子都議団幹事長は「認可保育園の増設を加速させるため、都有地・国有地の活用推進や用地費助成の創設、整備費補助の拡充、保育士の待遇改善などの支援に東京都は全力をあげるべきです」とのべ、3万人分の増設を実現することを決意しています。認可保育園問題で都の助成制度の充実を求めてきた私たちとしても、目黒で抜本的に増やせるよう力をつくしていかなければと思っています。

|

« 都営住宅入居募集 | トップページ | 目黒区で商工まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都営住宅入居募集 | トップページ | 目黒区で商工まつり »