« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

元自民党幹事長が赤旗日曜版に登場!

 前回総選挙を機に国会議員を引退した、古賀誠・元自民党幹事長が日曜版に登場するとのこと。憲法96条改正に反対する見解を明らかにしたそうです。以前、野中広務・元幹事長が赤旗に登場したことがありましたが、自民党の重鎮が登場するのはそのとき以来です。

 元自民党の幹事長でさえ、今の自民党の憲法会見への動きはおかしいと思っているということか。保守には保守なりの良心があるのに、今の自民党政権にはないのね。こういう人たちが、どんどん発言をすることを望みます!

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

国も都も区も働くものの賃金引き上げへ仕組みづくりを

 現在、国でも地方でも、労働者の賃上げを実現し、生活を安定させることが急務となっています。しかし、安倍晋三内閣は企業による解雇の自由化をいっそう進め、残業代をゼロにしてしまう労働法制の規制緩和を進めようとしています。こうした方向では、くらしを守ることはできません。

 現在、全国的に最低賃金を時給1000円以上に引き上げようと、労働組合などが取り組んでいます。現在、東京都の祭典賃金は自給850円。これでは、物価が高い東京で暮らしていくことは困難です。

 日本共産党目黒地区都政・青年・福祉対策委員の松嶋祐一郎さんを先頭に、東京でも最低賃金を時給1000円以上に引き上げることを、都の雇用政策を変えていくうえでの重点課題に挙げています。

 最低賃金の引き上げを求める裁判にかかわって、原告の青年は大手ファストフード店で16年間働いても時給860円だと告発しています。建設業でも生活するに十分な賃金がもらえず、「政府のやることは、働くルールの確立、公契約法の制定、最低賃金の引き上げだ」と語っています。

 日本共産党目黒区議団は先日、地方自治体の工事や委託業務に従事する労働者の賃金や待遇改善を進めるための仕組み、公契約条例について、神奈川県相模原市、都内の多摩市に視察に行ってきました。

 相模原市では、市が委託する業務に従事する労働者の賃金を時給885円と定め、神奈川県の最低賃金である849円を上回っています。多摩市では、903円と、都の最賃を上回っています。もちろん、私たちの要求からみれば不十分ですが、地方自治体が条例をつくって、公の仕事に従事する労働者の賃金を保障していくことはたいへん意義があることです。

 建設・工事については、両自治体とも公共工事設計労務単価の90%以上を保障するように決めています。

 ただ、対象工事は大規模なものに限られてしまう限界性はありますが、自治体としての努力は大いに評価できます。

 多摩市はさらに、事業者、労働者の各団体メンバーを公契約審議会に入れたり、契約雇用に努めることを明記したり、工事については地域経済に還元できるよう総合評価方式と併用したりと工夫されています。

 私は目黒区でもこうした制度をつくるべきだと求め続けています。引き続き、頑張っていきたいと思います。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

東京都の日本共産党演説会

 きのうは有明コロシアムで、日本共産党は演説会を開きました。私の地域からもマイクロバスを出して駆けつけました。有明の演説会は何年ぶりかな。数年ぶりだと思いますが、大規模な演説会は、やはり参加するだけでも「よし」という気になりますね。

 志位委員長も言っていましたが、アベノミクスでだれがもうけを上げ、だれがしんどいのか明白です。ユニクロを展開しているファーストリテイリングの柳井社長は、アベノミクスで、この半年間に1兆円もの利益をあげたとか。われわれは、物価が上がり始めて切り詰め、スーパーも百貨店も日常品の売れ行きは相変わらずなのに…。中小業者や庶民の犠牲の上に大企業や大銀行が大儲けをあげる仕組みづくりが、アベノミクスでしょう。家計を温めなければ根底から景気はよくなりません。

 都議選や参院選が迫ってきましたが、政治を根本から立て直すためにがんばっていきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

ネット選挙解禁

 ネット選挙が解禁になりました。メールでやれること、インターネットでやれることなど、決め事もあります。私はHPは定期的に更新していますが、このブログは長い間更新しなかったり。この機に、もう少し配信をしなければと思っています。SNSにも挑戦してみようかな…

 きょう、この件について学習をする機会がありました。ツイッターやフェイスブックなど、これまで疎かったけど、いろいろ活用法があるもんですね。わが党の議員や候補者、党員の方もずいぶんと利用されているようです。

 私も10年来、近くの駅で宣伝をし続けていますが、それだけではなく、こういったインターネット、SNSを利用した方法も本格化せねば。ちょっと研究してみよう。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »