« 被災者に対する使用料、手数料などが、避難先でも減免に | トップページ | 入学式 »

2011年4月 4日 (月)

被災地の状況

 目黒在住で、福島県いわき市で働いている方からメールをいただきました。

 「30日(木)にいわきへ行きました。ゴーストタウンのようです。スーパーに買い出しへ行きましたが、物資は、かなりありました。どうやら、市長がテレビ出演した際の呼びかけが効を奏したようでした。

 でも、ガソリン、灯油は、苦労しました。まず、開いているスタンドが少なく、しかも、開いていても、並ぶか、制限付で、大変でした。借りているアパートは、まだ、断水で、私としては、一泊がせいぜいなので、翌日には、戻りました。

 日本家屋の屋根瓦が落ちてしまい、ブルーシートの家が多く、心が痛かったです。アパートは、木造二階建て、築15年位でしたが、見た目には、被害は、なさそうに見えます。でも、またまた、冷蔵庫が余震で動いていてビックリしました。」

 被災地は、まだまだたいへんな状況のようです。私たちとしても救援活動に本格的に乗り出したいところです。

|

« 被災者に対する使用料、手数料などが、避難先でも減免に | トップページ | 入学式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被災者に対する使用料、手数料などが、避難先でも減免に | トップページ | 入学式 »