« 地域経済の活性化はまったなし | トップページ | 保険料の滞納を理由に差し押さえするなんて… »

2011年2月21日 (月)

特養ホーム増設の署名活動

 私たちは今、特別養護老人ホームなど介護施設充実に向けた署名活動に取り組んでいます。先週土曜日に平和通りでおこなった署名活動には、1時間弱の間に、20人を超える方が署名してくださいました。

 目黒区は、「2年後に基金が底をつく」と言って「財政的に厳しい」と、特養ホームの新建設を2年先送りしようとしていますが、区内で1000人近い特養ホーム待機者がいることを見れば、介護施設増設は急がなければなりません。

 最近も目黒区の特養ホームの順番待ちが450番目ぐらいの人が、青梅市のショートステイしか空きがなく、息子が週末に送り迎えをしているのですが、認知症がひどくて帰宅している間に行方不明になってしまったということがありました。介護施設不足は深刻です。

 区では中目黒駅前の引き続く再開発や、西小山駅前に超高層ビル建設など大型開発を持ち込もうとしています。大型再開発には多くの税金が投入され、目黒の財政をゆがませてしまいます。大型再開発はやめて、身近な福祉施設建設こそ、公共事業の中心にすべきではないでしょうか。引き続き、区民のみなさんの切実な要求を実現させるためにがんばっていきます。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 地域経済の活性化はまったなし | トップページ | 保険料の滞納を理由に差し押さえするなんて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地域経済の活性化はまったなし | トップページ | 保険料の滞納を理由に差し押さえするなんて… »