« 近くで火災、その翌日に防災訓練 | トップページ | 大企業への減税だとかえって地方はたいへんに »

2010年11月29日 (月)

国保への財政援助の申し入れ

Dscn08801_2  国民健康保険料が、またも大幅に値上げされようとしています。目黒区、23区の国保は、国が国庫補助を減らしてきた影響もあって、保険料が毎年、引き上げられてきました。来年度は保険料算定方式の変更で、所得の低い人ほど引き上げという影響を受けることが予想されます。また、今の後期高齢者医療制度のように、保険者を各区市町村運営から広域連合のようなものをつくるか、都道府県単位にするのかわかりませんが、「広域化」することによって、保険料の引き上げを抑えるための、一般会計から保険会計への繰り入れをしにくくさせる方向に動いているため、将来的に天井知らずの引き上げという事態が…。

 そんなことはさせじと、共産党の23区区議団が共同して、東京都に対し①特別区の国保料を引き上げることのないよう、十分な財政補助を講じること、②国に対し、国庫補助率を1984年の水準=49.8%まで引き上げるよう、国に求めること、③国保制度の「広域化」への動きはやめるよう、国に申し入れること、など要請しました。

 私も存分に発言してきました。ぜひ、来年度の国保料引き上げをやめさせるために、力を合わせましょう。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 近くで火災、その翌日に防災訓練 | トップページ | 大企業への減税だとかえって地方はたいへんに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近くで火災、その翌日に防災訓練 | トップページ | 大企業への減税だとかえって地方はたいへんに »