« 憲法記念日に宣伝。区民と対話 | トップページ | 東京都後期高齢者医療広域連合議会に共産党議員が推薦された顛末 »

2009年5月18日 (月)

裁判員制度のドラマを見て

 きょう、午後9時からTBSで、裁判員制度を題材にした2時間ドラマをやっていました。認知症で子どもの介護が必要な高齢者が、「自分が生きていたら子どもに迷惑がかかるから死なせてくれ」といって殺人を依頼する。そして、依頼された犯人は、嘱託殺人だったにもかかわらず、年金ももらえない自分を子どもが預かれば、子どもに迷惑がかかると、強盗殺人たと嘘をついて無期懲役の判決を受ける…という、いたたまれないドラマでした。

 裁判員制度が始まろうとしていますが、短期間の公判で正しい判断ができるのか、公判前整理手続きによる裁判官の予断が結局、評議をリードし、裁判官のいいなりになりはしないか、冤罪に手を貸すことにならないか、裁判員が客観的に判断できる条件が整っているのか、裁判員の身分や生活は保障されるのか、問題点が多いにもかかわらず、見切り発車状態のこの制度。私たちとしても注視していかなければならないと感じました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 憲法記念日に宣伝。区民と対話 | トップページ | 東京都後期高齢者医療広域連合議会に共産党議員が推薦された顛末 »

コメント

通知が来て呼ばれたら、自分はとりあえず断る理由はあるので、断る方向で面接官と対話しようと思ってます。

投稿: ポン | 2009年5月19日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憲法記念日に宣伝。区民と対話 | トップページ | 東京都後期高齢者医療広域連合議会に共産党議員が推薦された顛末 »