« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月26日 (木)

日本のWBCは大活躍、政治はぱっとしない

 WBCは日本が2連覇! (v^ー゜)ヤッタネ!!  とくに韓国との決勝戦は大盛り上がりだったようだけど、こちらは新年度の予算審議。これもきのうには終わってあとは最終日の本会議を待つだけになりました。

 新年度予算審議には、私たち日本共産党区議団、現下の経済・雇用危機の影響から区民の生活と営業をどう、支えていくのか、という観点から質疑に臨みました。区としてなかなか思い切った区民支援策がとられない中で、融資や雇用対策をはじめ、介護対策の強化、商店街支援などを求めました。国民健康保険料は中堅から低所得者には負担増。生活がたいへんな層に保険料の負担が重くのしかかる。引き続き、区民生活支える区政にしていくために、がんばっていかなければと思いました。

 WBCでの日本の活躍はめざましかったのに、政治の世界は政治とカネの問題で相変わらずの癒着ぶりとぱっとしない。某野党の代表は続投を宣言したものの、説明責任はぜんぜん果たしていない。西松建設からのカネの流れは自民党にまで侵食している。やっぱり、企業や団体からの献金をあてにしているところはダメだな。いよいよわが党の出番だ。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

新年度予算案の審議とWBC

 目黒区議会では、ちょうど、新年度予算案の審議がおこなわれているところです。来週の3日間を残すところとなりました。私も、区への収入の問題や契約問題、認知症高齢者対策の問題などを取り上げました。区民のみなさんの要望を実現していくために、残る質疑も区議団一同、がんばっていきたいと思っています。

 さて、WBCは日本が準決勝進出が決まり、きょう、韓国に勝ってA組1位がきまり、米国と対戦することになりました。連覇という重圧がかかる中で、選手の皆さんはよくがんばっていると思います。世界一をきめるにもかかわらず、なんで韓国やキューバとばかり対戦するのか、運営に疑問は残りますが、ここまできたら、ぜひ、2連覇を達成してほしいと思います。

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

高齢者の医療費を助成する条例を提案

 3月議会は常任委員会での質疑を終え、あしたは補正予算案の審議、そして来週は特別委員会と新年度予算案を除く議案の採決をおこなう本会議が開催されます。私たち日本共産党は高齢者医療費の助成条例案を提出し、4日の生活福祉委員会で、この条例案が質疑されました。http://www.jcpmkd.jp/html/menu01/2009/20090304164942.html

 結果は自民、民主、公明が反対したため、否決されました。たいへん残念な結果ですが、委員会の質疑は実のあるものだと思っています。今後、医療費無料化を視野に入れた運動をすすめていきたいと思っています。

 私は都市環境委員会という都市計画や都市整備を扱う委員会に所属しているところから、マンション紛争の陳情を質疑することがたいへんに多くなっています。現在の建築基準法や都市計画法などが住民の住環境を守ることよりも、業者の利益よりにつくられているため、紛争が絶えません。目黒では、建築物の絶対高さ制限や住環境を守ることを義務付けた条例などができていることから、今後、それが住民にとってどれだけ効力を発揮できるかが問われていると思います。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

区議会定例会が始まった

 区議会の第一回定例会が2月26日から始まりました。日本共産党は代表質問、一般質問とも終わったところです。今のひどい景気悪化はアメリカの金融危機の影響だけでなく、「構造改革」が非正規雇用者を増大させ、中小企業の体力を奪い、輸出大企業や投機マネーの便宜ばかりを優先させてきた路線の破たんであるにもかかわらず、区長は相変わらず「構造改革」は「持続可能な社会をつくるため」といって、はばからない。

 だから、個人事業者や零細業者の窮地にどうこたえるか、生活困窮者への血の通った施策をどうつくるか、そういったことは二の次です。代表質問、一般質問からの区長答弁を聞いて、そんな思いを持ちました。

 これから、新年度予算案の審議もおこなわれます。区民の苦難にこたえるために、論戦に全力をあげていきます。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »