« 障がい者の方との共生について | トップページ | 今年もがんばります! »

2008年12月25日 (木)

困っている人に温かい政治を

 年末を迎え、解雇・リストラが横行し、目黒区内の公園でも路上生活者が現れだしました。大企業などに雇用を守る社会的な責任を果たさせるようにしていかなければなりません。景気悪化のもとで、事業に失敗し、一文無し状態で生活保護を頼りにしなかればならない方も増え、私のところにも相談が増えています。

 Aさんもその一人。なんとか目黒区内に居場所を見つけ、生活保護の受給までこぎつけました。以前は事業が成功して港区内の豪華な一軒家に住んでいたこともあるというAさん。しかし今は、うまくいって事業に失敗し、交通事故でけがをして、思うように働けなくなり、友人の家に転がり込むような生活をし、結局、そこにもいられなくなり、行政に保護を求めました。

 「働くことがなによりも好きだ」というAさん。現在の状態にはじくじたる思いをしているそうです。こういった境遇に置かれている人にたいし、行政は必ずしも温かくはありません。生活保護については、老齢加算や母子加算がばっさりと削られたりしています。国の指導で、なるべく生活保護を申請させないような、行政の対応もあります。本当に困っている人に対して、親身になるような政治の実現が今ほど求められているときはないと感じているこのごろです。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 障がい者の方との共生について | トップページ | 今年もがんばります! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 障がい者の方との共生について | トップページ | 今年もがんばります! »