« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

野球、政治、住宅問題

 この時期、スポーツの話題は事欠きません。相撲はいつの間にか白鵬が優勝し、王監督は退任、イチロー選手は残念ながら、今期の張本氏抜きはならず、プロ野球はセリーグの優勝の行方はいまだ混沌とし、クライマックス出場をめぐって激闘という状況。パリーグも2、3位争いが熾烈。プロ野球は面白い。

 政治も麻生内閣が発足。東京新聞では48%という低い内閣支持率で始まったこの内閣も、中山元国交相の失言問題で早々と批判にさらされるといったぼろぼろ状態。10月3日解散、11月2日投票という線が濃厚だとメディアは報じていて、麻生内閣は補正予算案の審議すらやらないまま解散・総選挙に打って出るという公算が高い。国政からも目が離せません。

 先週の土曜日は、目黒生活と健康を守る会という団体が、公営住宅問題で学習会を開きました。改定された公営住宅法が、民間活力の活用といって住宅の問題を民間に任せてしまおうとねらっている問題点や、東京都が都営住宅の新たな増設を放棄している問題などが紹介されました。こういった問題も、今度の総選挙で問われることになるでしょう。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

自国の産業、農業を大切にしてこそ

 きのう、金属加工の町工場のご主人と話をしました。原材料はステンレスで1.3倍、鉄も値上がりしてたいへんだとおっしゃっていました。

 現在は鉄鉱石といえば、オーストラリアや南アフリカなど、ほとんど外国から輸入されています。ご主人は、そもそも鉄鉱石は外国に頼らなくても、日本で十分まかなえると言っていました。それをあえて外国から輸入し、一部の大企業がもうけをあげている構造はおかしいとも言っていました。

 自国の資源や食糧を自分たちで確保するのではなく、貿易でもうけたいと思って外国から無理やり調達するようなやり方は自民党政治のやり方です。自国の産業を守るために、また、食糧の自給率も上げていくような施策に切り替えていくことが急がれると思いました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

痛み押し付けでは、政治は行き詰まる

 自民党総裁は、下馬評どおり麻生氏に決まりました。国会で首相に指名され、いよいよ、いつ解散・総選挙かというところまできました。

 梅雨のような天気が続いている中、目黒の区議会では昨年度の決算を審議する決算特別委員会が開かれています。その質疑の中でも、国の「痛み押し付け政治」にたいする区長の認識を問い、黒字という目黒区の有利な財政状況を見れば、国の痛みの押し付けを緩和する施策を積極的にとるべきではないかと区長に迫りました。しかし、区長は「将来の不安」などを理由に、積極的な姿勢を示そうとしませんでした。

 国も区も、住民と向き合う生活支援の政治こそ求められています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (1)

2008年9月13日 (土)

10月26日投票?

 きのう、総選挙の日程について、「11月9日投票」の線でと書いたら、自公は10月26日投票で調整に入っているとのこと。予想よりも総選挙は早まりそうだ。まあ、早いとこやるにこしたことはない。がんばろう。

 しかし、当面は議会の審議に集中。うちのまわりはお祭りでにぎやかだけど、17日からは昨年度の決算討論なので準備しなければ。せっかくきょうは天気もいいのに…

| | コメント (1)

2008年9月12日 (金)

総選挙が視野に

 福田首相が辞任を表明し、自民党の総裁選が繰り広げられています。テレビなどで5人の総裁候補の言っていることを聞いても、小泉内閣以来の痛み押し付け政治に対する反省のことばもなければ、その路線を変えようという人はいない。「改革、改革」と声高に叫ぶけど、どう改革しようとしているのかわからない。結局、自民党の誰が首相になっても、国民の家計を根本的にあたためられる人はいないでしょう。政権を維持することさえできないでしょう。

 11月9日投票という線で総選挙をおこなう日程で調整に入っているようです。いよいよ、総選挙も視野に入ってきました。社会保障費を毎年2200億円も削減し続ける政治をストップさせ、大企業からしっかりと税負担を課すことのできる政治、軍事費や無駄な道路行政をやめさせる政治の実現に向け、全力をあげていきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »