« スポーツが面白い | トップページ | オリンピック »

2008年8月15日 (金)

キクちゃんとオオカミ

 きょうは63回目の終戦記念日。午前になにげなくテレビをつけたら、「キクちゃんとオオカミ」という戦争アニメをやってました。満州国で暮らしていた日本人が、第二次世界大戦が終わって日本に引き返そうとするときに起きた悲劇を、幼女とオオカミの交流で描いたものです。最後に幼女を人間のもとに返そうと必死に幼女を守ってきたオオカミが、人間に撃たれて死んでしまうという、いたたまれないシーンに思わず涙がでてきてしまいました。

 原作は野坂昭如氏。戦争の悲劇を描き、なんともいたたまれない気持ちにさせる、氏の「火垂るの墓」というアニメと共通した部分が多かった本作。フィクションだとしても、戦争の悲惨さを伝えるにあまりある秀作だと思いました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« スポーツが面白い | トップページ | オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツが面白い | トップページ | オリンピック »