« 笠井衆院議員に後期高齢者医療制度の廃止求める署名を手渡す | トップページ | 後期高齢者医療制度で自殺。それでも青木区長は… »

2008年6月15日 (日)

岩手・宮城の大地震

 きのうの午前8時43分ごろに発生した岩手・宮城大地震で、今朝の時点で6人の方が犠牲になり、まだ11人の方が行方不明になっておられます。余震も200回以上発生しているそうです。けが人も多数に及んでいます。犠牲になられた方にはあらためてお悔やみ申し上げるとともに、けがをされた方は、一刻も早く回復されることを望んでいます。

 今回の地震は、M7.2、震源は8キロと、浅いところで発生しています。揺れは阪神・淡路大震災並みだといいます。いつも思うことですが、こんな地震が人口密集地で起きたらどうなってしまうか。日ごろの備えをしっかりとしなければなりません。

 また、政府の地震調査委員会では、30年以内に発生するする確率はほぼ0%といわれていた地域だそうです。今回のようなM7クラスの内陸直下型地震は、全国どこでも起こる可能性があります。改めて、抜本的な震災対策が必要です。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

 

|

« 笠井衆院議員に後期高齢者医療制度の廃止求める署名を手渡す | トップページ | 後期高齢者医療制度で自殺。それでも青木区長は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 笠井衆院議員に後期高齢者医療制度の廃止求める署名を手渡す | トップページ | 後期高齢者医療制度で自殺。それでも青木区長は… »