« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

額賀財務大臣のとんでもない消費税増税発言

 額賀財務大臣が、増え続ける社会保障を消費税の増税で賄うべきだと発言したそうです。それを正当化したのが「北欧やドイツは消費税は20%前後になっている」という「理由」です。とんでもありません。ヨーロッパ諸国の間接税は確かに高いが、福祉のためという国民的な合意ができています。しかし、日本の場合は1989年に消費税を導入したときにも97年に税率を引き上げたときにも、自民党は「福祉のため」といいながら、かえって福祉をどんどん削ってきました。健康保険の窓口負担を2割から3割にし、いまや差別医療と人権侵害の後期高齢者医療制度を導入している。「社会福祉のため」なんでいう自民党の言い分をだれが信じるのか。

 しかも、額賀氏は「所得税や法人税を下げているのが世界の姿」などといって、消費税増税の一方で法人税の引き下げは当然だとしているが、これも大嘘です。ヨーロッパ諸国では社会保障の保険制度を維持するために、大企業も応分の負担をしているのです。日本の大企業が社会保障から手を引こうとする無責任な態度とは大違いです。

 非正規雇用が増え、物価高の中でたいへんになっている国民の家計を無視して、大企業や政府の責任を棚上げにして消費税の増税をいかに正当化するか、そんなことばかり考えている自公政治は、とても続けるわけにはいきません。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

物価高すすむ

 物価高はとどまるところを知りません。JAは卵1パック30円値上げすることを決めました。東京電力は料金の抜本的な改定を9月をめどに実施すると発表しました。これも燃料価格の高騰を電気料金に転嫁するそうです。これで、来年1月から大幅な値上げになるという話です。停止中の柏崎刈羽原発の代わりに稼働している火力発電所のコストまで料金に加味されます。

 世界的な巨額の投機マネーが原油市場や穀物市場につぎ込まれていることも、物価高を引き起こしている大きな原因です。これでたいへんな思いをするのは働く人たちであり高齢者です。資本主義のゆがみがこういったところにも表れています。

 そして、消費税の増税論議。ここには、財界・大企業に、税と社会保障をどう維持する責任をとらせるかということはいっさいありません。今のゆがんだ日本の政治をかえなければなりません。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

後期高齢者医療制度で自殺。それでも青木区長は…

 「私の父は後期高齢者医療制度が始まって自殺しました」。涙を浮かべながら、こういって私のところに寄ってきたのは38歳の女性。18日朝、西小山駅前で宣伝していたときのことです。しばらく私のハンドマイクでの話を聞いたあと、おもむろに話してくれました。

 女性の父は78歳。入院していたそうです。この4月に「周りの人に迷惑はかけられない」と自ら命を絶ったそうです。こんな悲劇があるのに…

 17日の区議会本会議でわが党を代表して森議員が一般質問に立ち、青木区長に「後期高齢者医療制度の廃止を国に求める考えはないか」と質問。区長は「持続可能な制度として必要」と、廃止を国に求める気はないと答弁しました。

 自殺者が出ているというのに、なんと冷たい答弁ではないでしょうか。高齢者が医療を受けることに肩身の狭い思いをし、自ら命を絶つなんて国が、いったいどこにあるでしょうか。青木区長は、まったく実態を知らなさすぎる。

 女性は「与党には本当に腹が立つ。こんな国は早く出て行きたい」とぽつり。私は「ぜひ、日本の政治を変えるために、ご一緒にがんばりましょう」と激励し、決意を新たにしました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

岩手・宮城の大地震

 きのうの午前8時43分ごろに発生した岩手・宮城大地震で、今朝の時点で6人の方が犠牲になり、まだ11人の方が行方不明になっておられます。余震も200回以上発生しているそうです。けが人も多数に及んでいます。犠牲になられた方にはあらためてお悔やみ申し上げるとともに、けがをされた方は、一刻も早く回復されることを望んでいます。

 今回の地震は、M7.2、震源は8キロと、浅いところで発生しています。揺れは阪神・淡路大震災並みだといいます。いつも思うことですが、こんな地震が人口密集地で起きたらどうなってしまうか。日ごろの備えをしっかりとしなければなりません。

 また、政府の地震調査委員会では、30年以内に発生するする確率はほぼ0%といわれていた地域だそうです。今回のようなM7クラスの内陸直下型地震は、全国どこでも起こる可能性があります。改めて、抜本的な震災対策が必要です。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

 

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

笠井衆院議員に後期高齢者医療制度の廃止求める署名を手渡す

Cimg38771_2  きょう、目黒で集めた後期高齢者医療制度の廃止を求める署名を、日本共産党の笠井亮衆院議員に手渡しに行きました。きょうは衆院で本会議が開かれ、自公によって内閣信任決議が可決した日です。民主党や社民党、日本新党は欠席したようですが、共産党は出席し、信任決議に反対する討論を行いました。

 笠井議員から国会の状況について報告も受けました。参院での民主党の強引な国会運営や、内閣不信任案を民主党が対決姿勢を示したいがための党利党略で提案したこと、きょうの衆院本会議に共産党以外の野党が欠席したことで、後期高齢者医療制度廃止法案が衆院で審議入りが困難な状況になったことなど、笠井議員は指摘していました。

 もちろん私たちの立場は、国会で廃止法案をきちんと審議し、論戦を通じて廃止を実現させること。引き続き、地域で「後期高齢者医療制度廃止」を掲げて取り組んでいきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

被爆者団体の総会にお招きいただきました

 きのう、萠友会という、目黒区の被爆者団体の総会と昼食会にお招きいただきました。萠友会のみなさんとは毎年年末、おもちをついて区内の被爆者のみなさんを訪問するという活動をご一緒にさせていただいています。被爆者の皆さんも高齢化が進み、私の近くに住んでいた高齢の被爆者の方も、昨年に亡くなられたりして、だんだんと原爆の悲惨さを伝えてくださる方も少なくなっています。

 そんななかでも、被爆者への支援を国に求めて現在でも活動している萠友会のみなさんの努力には、改めて敬意を表します。いま、原爆症認定集団訴訟をたたかっている原告の方たちを原爆症と認めた仙台、大阪の高裁判決が出たところで、原告の方々の認定を認めるとともに、新しい認定基準の再改定が不可欠になっています。

 国家が起こした戦争で、原爆の犠牲になり、その後遺症に苦しむ人たちを救済するのは国の責任です。私も引き続き、被爆者の方を激励し支援していく活動をすすめていきたいと改めて思ったところです。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

蟹工船がブーム

 今、若い人の中で、戦前のプロレタリア作家の小林多喜二の著書「蟹工船」がブームになっているそうです。この本は、私が高校生のころ、新潮文庫の100冊の中にあった一冊でもあったということで、高校時代に読みました。蟹工船で奴隷労働のような状態で働かされていた労働者が、労働条件の改善を求め、力を合わせて立ち上がるという内容で、当時、感動したことを覚えています。

 でも、私の世代は、あまり蟹工船とかマルクスとかに関心のある人は少ない時代に入っていたときで、本屋に平積みに置かれているということはありませんでした。私の世代で呼んだことのある人もきわめて稀です。いま、この本が注目を集めているのは、現在の若い人の働かされ方が、蟹工船の時代と酷似しているということでしょう。

 テレビで若い人が、「自分で行動を起こしていくことが正しいと思う」という感想を言っていましたが、長い間封じ込まれていた「行動を起こす」ということの意義を今の若者たちが感じていることは、たいへん希望の持てることだと思います。自分も改めて読んでみよ。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »