« 後期高齢者医療は廃止を! | トップページ | 蟹工船がブーム »

2008年5月29日 (木)

中国・四川大地震の被災者への支援募金

 おととい、目黒区議会の中で日中友好を目的に活動している任意団体があるのですが、その議員を中心として、四川大地震で被災された方を救援する目的で、募金活動をおこないました。中目黒駅前で午後4時から6時の間、17人の議員が参加し、15万円を超える募金への協力がありました。協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 この募金活動には、自民党、民主党、公明党、社民党、生活者ネット、日本共産党の各議員が参加し、超党派でおこなわれました。日ごろ、議会の中では政治的な立場や政策的な立場も違う議員が一堂に会するので、対立があらわになることも数多くありますが、被災者への募金活動という人道支援の活動で一緒に行動を共にするというのは、なかなかいいことであると思います。

 私もよく、日本共産党として募金活動をおこなうことも多々ありますが、今回はそれとはまた違った雰囲気を味わうことができました。いずれにせよ、四川大地震の犠牲者は7万人近くに上っています。ミャンマーのサイクロンでの膨大な被害状況もあります。引き続き、私たちでできる支援をおこなっていきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

 

|

« 後期高齢者医療は廃止を! | トップページ | 蟹工船がブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後期高齢者医療は廃止を! | トップページ | 蟹工船がブーム »