« 区長選が終わって | トップページ | 暫定税率復活 »

2008年4月30日 (水)

後期高齢者医療制度に怒りが…

 75歳以上の方をこれまでの医療制度から追い出し、お年寄りの医療を差別し、年金から保険料を強制的に取り立てる後期高齢者医療制度が4月から始まっています。

 しかし、役所から新しい保険証が届かなかったり、保険料のことなどで、役所には問い合わせや抗議の電話が殺到しています。また、制度を知らないお年寄りが、古い保険証をもって病院を訪れ、窓口でトラブルになるなど、新しい制度にたいする不安や怒りが、いま日本全国に広がっています。目黒区では10月から年金からの天引きが始まります。

 私にも区民の方から「20歳代のときには自分が老後を迎えたら、きっと医療が無料になる社会がやってくると思って一生懸命働いてきたら、このざまだ。本当に悔しい」「七十五歳以上の保険を別立てにすることで、家族のだんらんにも影響が及ぶのではないか。とんでもない制度だ」との怒りの声を聞きました。

 戦後の日本で、必死に働いてこられた方々に苦しい思いをさせる制度は即刻中止し、廃止させるしかありません。日本共産党は、後期高齢者医療制度の中止・廃止に全力をあげます。

 この制度は2年前、小泉内閣・自民・公明政権が、日本共産党などの野党の反対を押し切ってつくったものです。

 自公政権は、お年寄りは「治療に手間と時間がかかる」「認知症が多い」「やがて死を迎えるから」といって、こんなにひどい制度をつくりました。75歳をすぎたというだけで、差別医療を持ち込む国は世界のどこにもありません。
 ぜひ、力を合わせ、お年寄りを苦しめる制度を中止・廃止に追い込みましょう。

|

« 区長選が終わって | トップページ | 暫定税率復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 区長選が終わって | トップページ | 暫定税率復活 »