« 来年度予算の財務省原案 | トップページ | 碑小の落成式 »

2007年12月24日 (月)

被爆者支援のもちつき

 きのう23日、毎年恒例の、目黒区内の被爆者の方に、つきたてのお餅をお配りしながら激励する催しがおこなわれました。もう30年近く続いています。原水爆禁止目黒協議会が主催し、被爆者支援団体である東友会の方が参加しています。朝は雨がぱらついていましたが、10時過ぎには晴れてきて、昼前には青空も広がり、被爆者の方の訪問にはもってこいの天気になりました。

 目黒の被爆者の方もずいぶん、亡くなっておられ、原爆の悲惨さを後世に語っていく人たちも少なくなってきました。被爆者の方の中には、「あえて被爆のことは語らない」という方も結構、いらっしゃるようです。ご同行させていただいた東友会の方は、「私は被爆の状況を語ろうとすると、声がでなくなってしまう」とおっしゃっていました。

 戦後生まれの私たちにとって、核兵器廃絶の思いを新たにする絶好の機会が、毎年12月23日におこなわれる「もちつき」です。今後も、もちろんかかわっていきたい。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 来年度予算の財務省原案 | トップページ | 碑小の落成式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年度予算の財務省原案 | トップページ | 碑小の落成式 »