« ピースウオーク200回 | トップページ | 中国人との交流 »

2007年11月20日 (火)

青木区長が出馬表明

 きょうから今年第4回目の定例区議会が始まりました。民主党議員の質問に対する答弁で、青木区長は、来年4月におこなわれる区長選に、事実上、出馬することを表明しました。私たち日本共産党区議団は、青木区政に対し、区民の生活支援を後回しにする区政であることや、住民の意見が取り入れられないこと、前区政時代の疑惑の究明を避け続けてきたことなど、問題点の多い区政だと分析し、何よりも区民の福祉や教育、生活が支えられる区政の転換をはかっていきたいと思っています。

 きょうは日本共産党から森区議が一般質問をおこない、多重債務の相談体制の強化や介護手当の創設、公営住宅の増設を区に求めました。しかし、いずれも消極的な答弁でした。区の応急福祉貸付金について、多重債務者の生活再建のために貸し出すことが、「かえって多重債務を増やすだけだ」などと答弁。福祉的な貸付制度とサラ金の貸付とを同列視する驚くべき内容でした。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« ピースウオーク200回 | トップページ | 中国人との交流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピースウオーク200回 | トップページ | 中国人との交流 »