« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

中国人との交流

 きのう、目黒区議会の日中友好議員連盟が、中国の駐日大使(3等書記官)をお呼びして講演会&交流会を開きました。若い書記官でありながら、自分の意見を堂々と述べ、日本と中国との交流について率直な意見を聞くことができたのはよかったと思います。

 とくに、今でも中国人にとって、日本の侵略戦争の傷跡が深いことがうかがい知れました。南京大虐殺や盧溝橋事件の記念日についても触れていたし、「正しい歴史認識を持って友好関係をすすめたい」と、日本の一部の歴史をゆがめる動きについても、チクリと批判しながら、友好の重要性を訴えていたのが印象的でした。

 この駐日書記官は、今後の友好関係を発展させる上での課題を挙げていました。①政治的な信頼関係の促進、②貿易上の関係強化、③メディアの報道姿勢、④国民感情の修復・改善、の4つですが、とくに、日本が侵略戦争の事実を覆い隠そうとする流れを反省し、「正しい歴史認識」を醸成していくことが、友好関係の発展のためには不可欠であると感じました。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

青木区長が出馬表明

 きょうから今年第4回目の定例区議会が始まりました。民主党議員の質問に対する答弁で、青木区長は、来年4月におこなわれる区長選に、事実上、出馬することを表明しました。私たち日本共産党区議団は、青木区政に対し、区民の生活支援を後回しにする区政であることや、住民の意見が取り入れられないこと、前区政時代の疑惑の究明を避け続けてきたことなど、問題点の多い区政だと分析し、何よりも区民の福祉や教育、生活が支えられる区政の転換をはかっていきたいと思っています。

 きょうは日本共産党から森区議が一般質問をおこない、多重債務の相談体制の強化や介護手当の創設、公営住宅の増設を区に求めました。しかし、いずれも消極的な答弁でした。区の応急福祉貸付金について、多重債務者の生活再建のために貸し出すことが、「かえって多重債務を増やすだけだ」などと答弁。福祉的な貸付制度とサラ金の貸付とを同列視する驚くべき内容でした。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

ピースウオーク200回

 きのうの夜、目黒区内の労組や団体などが木曜日のランチタイムにおこなってきた「ピースウオーク」が、200回に達したのを記念して、集会とパレードをおこないました。1回目がイラク戦争勃発直後の03年4月6日。以後、4年半以上にわたって毎週木曜日に続けてきたわけですから、すごいものです。事務局のみなさんをはじめ、毎週のように参加されてきた皆さんに、心から敬意を表します。

 私も、都合がつけばできる限り参加しようと思っているのですが、ついつい忘れてしまったりということも多く、反省しているところです。4年半たった今も、イラクに自衛隊が派遣され続けています。派兵をやめたり見直す国が続出しているにもかかわらずです。また、海上自衛隊のインド洋での米軍への給油活動。自公政権はこれも続けようとしています。米軍の軍事攻撃がテロ根絶どころか、かえってテロ活動を活発化させ、テロ勢力をおんぞんさせているにもかかわらず、です。憲法九条に反する活動を、これ以上続けさせるわけにはいきません。

 ひきつづくピースウォークで、声を上げ続けたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

「三丁目の夕日」のような温かさは…

 きのう、仕事の合間を縫って、「ALWAYS~続・三丁目の夕日」を妻と観に行ってきました。東京の人情味あふれる描写は前回作のとおりで、人の優しさ、ぬくもりに笑い、涙しました。たぶん、この映画の主題であろう「金で買えないもの」とは何かについて考えさせられました。

 今は当時と比べて、はるかに高度で便利な世の中になりました。しかし、一方では人が人を思いやるという、人間らしさが、だんだん薄らいでいっているようです。助け合い、支えあうという気持ちもしかりです。政治によってもたらされた貧困と格差の拡大が、より人の心をすさませている現状もあります。「社会病理現象」ともいうべき政治・社会を健全化させていく必要性を痛感しています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

議員研修会

 今月5、6の両日、都内で議員向けの研修会が開かれ、参加してきました。初日は地方自治法などの講義を受け、2日目はまちづくりについての講義を受けました。いま、都市環境委員会に属していますが、街づくりや都市計画問題などまとまった話を聞くのは初めてで、恥ずかしながら、今ごろ理解できたような事柄もあり、やっぱり日常的な勉強が必要だと感じました。

 20日から始まる11月議会で、大型建築物から住環境を守る条例案が何本か提案されているので、学んだことが少しでも生かされるかなと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

3年B組金八先生がはじまった

 「3年B組金八先生」の第8シリーズが始まっています。今回は、教師へのリンチや性同一性障害、薬物依存などセンセーショナルなものはありませんが、学校選択制の問題や家庭問題、インターネットや学力偏重教育など、子どもを取り巻いている諸状況を取り上げていて、なかなか見所はあると思っています。

 とくに、学校選択制の描き方は、ドラマの中とはいえ、実際あってもおかしくない話です。桜中自体、性同一性障害や薬物依存の生徒を出した学校ということで、不人気校という設定になっています。以前のシリーズで問題校となっていた学校が冷暖房完備の新しい校舎になったことで人気校になったり、金八先生自身が自分の教え子の家を回り、子どもをぜひ、桜中へと「営業活動」する姿など、十分、ありえる話です。学校選択制を導入する自治体が増えている中で、その矛盾が今後、ドラマの中でどう描かれていくのか注視していきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »