« 最近のスポーツを見て感じたこと | トップページ | 議員研修会 »

2007年11月 2日 (金)

3年B組金八先生がはじまった

 「3年B組金八先生」の第8シリーズが始まっています。今回は、教師へのリンチや性同一性障害、薬物依存などセンセーショナルなものはありませんが、学校選択制の問題や家庭問題、インターネットや学力偏重教育など、子どもを取り巻いている諸状況を取り上げていて、なかなか見所はあると思っています。

 とくに、学校選択制の描き方は、ドラマの中とはいえ、実際あってもおかしくない話です。桜中自体、性同一性障害や薬物依存の生徒を出した学校ということで、不人気校という設定になっています。以前のシリーズで問題校となっていた学校が冷暖房完備の新しい校舎になったことで人気校になったり、金八先生自身が自分の教え子の家を回り、子どもをぜひ、桜中へと「営業活動」する姿など、十分、ありえる話です。学校選択制を導入する自治体が増えている中で、その矛盾が今後、ドラマの中でどう描かれていくのか注視していきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 最近のスポーツを見て感じたこと | トップページ | 議員研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のスポーツを見て感じたこと | トップページ | 議員研修会 »