« 冤罪事件 | トップページ | 3年B組金八先生がはじまった »

2007年10月20日 (土)

最近のスポーツを見て感じたこと

 プロ野球はセ・パ両リーグとも日本シリーズ進出チームが決まりました。日ハムと中日という、昨年と同じ顔合わせ。熱戦を期待します。

 今年のパ・リーグのCS第二戦は、とりわけ最後まで熱戦が繰り広げられ、見ているほうもわくわくしましたね。ロッテは惜しくも敗れましたが、バレンタイン監督のコメントは勝者をたたえることを忘れない。試合後も、監督や選手がお互いの健闘をたたえあい、応援団もエールの交換をするなど、すがすがしい光景でした。

 ボクシングでは亀田一家が波紋を広げています。王者・内藤のすがすがしさとは裏腹に、亀田一家の試合前の暴言、試合中の反則、試合後のペナルティーなど、なんか、すがすがしさどころか殺伐とした雰囲気さえ感じる。いくらパフォーマンスとはいえ、「ゴキブリ」だの「切腹」だの、相手をバカにする発言はつつしむべきだと思う。

 最近のスポーツをテレビで見て、感じたことです。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 冤罪事件 | トップページ | 3年B組金八先生がはじまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冤罪事件 | トップページ | 3年B組金八先生がはじまった »