« 石原知事の公約投げ捨て | トップページ | 安倍首相辞任へ »

2007年9月11日 (火)

「家庭だんらん法」だって^_^;

 長時間労働を野放しにし、しかも残業代をゼロにしてしまう「ホワイトカラー・エグゼンプション」。先の通常国会で政府が導入しようとしたものですが、労働界からの強い反発で断念せざるをえなかった代物。

 この制度について、なんと舛添要一厚生労働相は、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したらしい。まったく噴飯ものだ。企業に広がる裁量労働制を、法律で保障してやろうというのがこの制度。つまり、仕事が終わらなければ、深夜まで残業代なしで企業が自由に働かせることのできる制度がこの制度です。「家庭だんらん」どころか、「だんらん」を破壊するばかりか給料も減ってしまう、働くものにとっては二重苦、三重苦となるのです。

 「家庭だんらん」などと心にもない名前をつけて働くものをだまそうたってそうはいかない。自公政権は選挙で負けてもまやかしを続けるのか。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 石原知事の公約投げ捨て | トップページ | 安倍首相辞任へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石原知事の公約投げ捨て | トップページ | 安倍首相辞任へ »