« 中越沖で地震 | トップページ | 参院選で440万票 »

2007年7月19日 (木)

中越沖地震被災者への支援を訴え

070719_170713  新潟・中越沖地震の被災者への支援をと、きょう、私と日本共産党目黒本町支部のみなさんと西小山駅前で募金の協力を訴えました。被災地では、建物の倒壊が著しい地域、水道や電気、ガスが復旧していない地域もあり、食料や水、医療の確保が緊急課題になっています。「人ごとではない大地震による被災。ぜひ、力を合わせて被災者への支援を強めましょう」と訴えました。

 募金には高齢者の方やサラリーマンの方、若い人や高校生、小中学生のあらゆる世代の方が協力していただきました。約1時間半の宣伝で、4万6千円を超える募金が寄せられました。

 中越沖地震では、柏崎刈羽原発が耐震設計の際に想定した2.5倍の揺れに見舞われ、火災や放射能漏れを起こしています。大地震に日本の原発が耐えうるのか、改めて安全性が問われる事態になっています。政府はこの地震を教訓にし、安全神話にしがみつくのではなく、安全基準を見直すべきです。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 中越沖で地震 | トップページ | 参院選で440万票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中越沖で地震 | トップページ | 参院選で440万票 »