« 若者の雇用集会 | トップページ | 「消えた年金」 »

2007年5月27日 (日)

住民税大増税は増税にあらず?

 きょう、目黒の医療生協の総代会に参加させていただきました。そのときに、来月の住民税の増税がたいへん影響を与えることをお話しさせていただきました。年金生活者の方も、年額7万円が14万円に、5万円の方は10万円にと、2倍にも膨れ上がってしまいます。

 先日、深夜のフジテレビで、「今度の住民税の増税は所得税と住民税の税率割合が変わるためにおこなわれるもので、納める税金の額には変わりはありません。増税ではありません」などと紹介している番組がありました。しかし、最後は「定率減税が全廃されることで、その影響はあります」と付け加えられていることをみても、増税になる人が圧倒的多数になることは目に見えています。

 安倍内閣は参院選後に消費税の増税計画を具体化しようとしています。その後ろでほくそえんでいるのは、自分たちはたいへんな減税を保障されながら庶民増税を提唱している財界・大企業ではないでしょうか。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 若者の雇用集会 | トップページ | 「消えた年金」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若者の雇用集会 | トップページ | 「消えた年金」 »