« 国民投票法、自公が成立させる | トップページ | スピルバーグ監督の平和への思い »

2007年5月16日 (水)

過労自殺が過去最高

 厚生労働省によると、過労や業務上のストレスによる自殺で2006年度に労災認定された人は、過去最多の66人だったそうです。脳・心臓疾患の労災認定も、過去最も多かった前年を上回りました。06年度にうつ病など精神疾患で労災請求した人も過去最多。年代別では30代が最も多いようです。

 それだけ厳しい労働条件が働く人たちに押し付けられているということでしょう。トヨタが2兆円という過去最高の利益を上げたことが報道されましたが、これもコスト削減、過酷な労働が生み出したものでしょう。

 精神障害が増えている背景も、ノルマの達成に追われ、長時間労働になるようなケースが後を絶たないことが最大の要因でしょう。こういう異常な労働環境を改善する取り組みを政治の分野でも強めていくことが求められています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 国民投票法、自公が成立させる | トップページ | スピルバーグ監督の平和への思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国民投票法、自公が成立させる | トップページ | スピルバーグ監督の平和への思い »