« 改憲手続き法案が急ピッチ | トップページ | 都知事選が間近 »

2007年3月13日 (火)

遅れている都議会

 目黒区議会では議会運営委員会で、政務調査費の制度改善について識者からの答申をベースにして話し合いをすすめています。「目黒ショック」といわれた政調費不正使用問題があったわけですから、議会全体で正していくのは当然のことです。23区内、いやあちこちで同制度の改善をめざす議会も多い。

 そのなかで、この取り組みが最も遅れているのが都議会。日本共産党が政調費の収支報告書に領収書添付を義務付ける条例改正案に対し、あろうことか、自民、民主、公明はこれを先送りすることを主張したようです。

 23区すべての議会で政調費の領収書添付が実現するのに、都議会の自民公ががんとして拒否し続けるのは何か都合の悪いことでもあるのでしょうか。私の知り合いの民主党都議は、政調費の改革をすすめると言っていたのだが…。いったいどうなってんだ。自民公に改革の意思なしってとこか。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 改憲手続き法案が急ピッチ | トップページ | 都知事選が間近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 改憲手続き法案が急ピッチ | トップページ | 都知事選が間近 »