« 公職選挙法は規制ばかり | トップページ | 沖縄の戦争事実の改ざんか »

2007年3月26日 (月)

能登半島地震

 きのうの午前に起きた能登半島地震は、改めて大地震の備えの必要性を痛感させました。今もつづく余震の中なかで、不安を募らせている被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。

 今回、やはり、倒壊したのは古い木造の家屋であり、瓦屋根のように上が重い構造になっている建物が多かった。改めて、住宅の耐震化をすすめることが必要だと感じました。

 国は依然として被災住宅本体の再建のための助成はしようとしていませんが、思わぬ天災で住まいをなくしてしまった人のショックははかりしれません。国が被害住宅への助成制度を設ければ、どんなに助かるか。

 私も耐震化促進を議会で取り上げてきました。古い木造住宅の耐震診断の無料化、耐震改修工事費への助成制度設置を訴え、実現することができました。なおいっそうの耐震化強化、防災対策強化に向けてひきつづきがんばります。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 公職選挙法は規制ばかり | トップページ | 沖縄の戦争事実の改ざんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公職選挙法は規制ばかり | トップページ | 沖縄の戦争事実の改ざんか »