« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

沖縄の戦争事実の改ざんか

 文部科学省が教科書の検定結果を発表し、日本史で、太平洋戦争末期の沖縄戦の際、日本軍による強制で住民が集団自決したとする記述すべてに検定意見をつけたそうです。教科書会社は「日本軍による」という部分を削ったりして対応しているらしい。

 しかし、沖縄で生き残っている人は、明らかに、日本軍が住民に対して自決を強制したことがあることを証言しています。またもや、文科省が教科書の改ざんか、との思いを強くしました。太平洋戦争で、日本がアジア各国に侵略し、たいへんな植民地支配を敷いて苦難を押し付け、自国の国民に対しても弾圧を続けたことは歴史の真実であり、こんなことは二度と繰り返さないと誓ったところから戦後が始まったのではないか。安倍内閣の下で過去の戦争の実態がゆがめられ、憲法9条までもがかえられようとしていることを容認することはできません。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

能登半島地震

 きのうの午前に起きた能登半島地震は、改めて大地震の備えの必要性を痛感させました。今もつづく余震の中なかで、不安を募らせている被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。

 今回、やはり、倒壊したのは古い木造の家屋であり、瓦屋根のように上が重い構造になっている建物が多かった。改めて、住宅の耐震化をすすめることが必要だと感じました。

 国は依然として被災住宅本体の再建のための助成はしようとしていませんが、思わぬ天災で住まいをなくしてしまった人のショックははかりしれません。国が被害住宅への助成制度を設ければ、どんなに助かるか。

 私も耐震化促進を議会で取り上げてきました。古い木造住宅の耐震診断の無料化、耐震改修工事費への助成制度設置を訴え、実現することができました。なおいっそうの耐震化強化、防災対策強化に向けてひきつづきがんばります。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

公職選挙法は規制ばかり

 今、東京都では知事選がおこなわれています。私たち区議も公職選挙法のもとで、選挙期間中は政治活動の制限を余儀なくされます。ブログやHPで選挙に関する論評などはできません。街頭でハンドマイクを使っての宣伝もできません。政党が演説会を開くこともできません。ですから、国や都レベルの選挙は、告示(公示)になったとたん静かになってしまうという状況になってしまいます。

 選挙活動も規制だらけです。戸別訪問はだめ、のぼり旗に候補者名や政党名、確認団体名を掲げることは禁止、公職選挙法に基づくビラにも候補者名は書けない――などです。せいぜいやれることは、法定ビラの配布や電話などでの支持の訴えぐらいかな。

 家族でも、「選挙になると新聞やテレビなど、情報を得るところが制限され、かえって誰がどういう政策を示しているのかわからなくなる」と話題になっています。こんなところに低投票率の原因の一つがあるのでしょう。欧米のようにもっと自由にしてみては。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

プロ野球が開幕する

 早いもので、プロ野球はあしたからパ・リーグで開幕します。昨年は球場に足を運ぶことができなかったのですが、今年はぜひ見に行きたいと思っています。それにしても、西武の裏金問題があったにもかかわらず、ドラフトの希望枠撤廃が先送りされたのは驚きです。当然、今秋から撤廃されると思っていたのに、なんで先送りするのかまったく理解しがたい。依然、プロ野球界の経営側は古い体質、しがらみを打破できず、「改革」ということばとは無縁の世界なのかとがっかりします。選手やファンは進歩を望んでいます。ぜひ、まともな感覚を持つプロ野球陣へと脱皮して欲しいと思います。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

「旅立ちの日に」

 卒業式シーズンに入っています。きのう20日は目黒区内の中学校で卒業式がおこなわれ、私も九中の卒業式に参加させていただきました。私が中学を卒業したときのことははるか昔のことになってしまい、どう、卒業証書をもらったのか今は完全に忘れています。しかし、ちょうど、「3年B組金八先生」の第一シリーズと重なっていたので、卒業式のBGMに「贈る言葉」が流れていたのは覚えています。

 そのころは、「仰げば尊し」が定番でしたが、今は「旅立ちの日に」がよく歌われているようです。九中でもそうです。歌詞は学校の先生が書いたそうで、よく生徒の気持ちを表しているなと思っています。そういえば、なんかのCMでも流れていたっけ。

 「いま別れのとき 飛び立とう未来信じて 弾む若い力信じて このひろい このひろい大空に」というサビの部分が好きです。「未来信じて」といわれても、実際には「信じられない」ことが多い世の中。そうとはわかっていても、希望を感じさせる歌詞とメロディーはじんと心の中に残ります。旅立ちの日を迎えた若者が大きく翼を広げて飛び立っていけるよう、社会の不条理を一つひとつ取り除いていくことが、私たちの使命だと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (1)

2007年3月19日 (月)

都知事選はオリンピック招致も問われている

 都知事選では、オリンピックの招致をめぐって議論になっています。わが吉田万三さんは、オリンピック招致を白紙に戻し、オリンピックを口実に進められようとしている首都圏中央連絡道、外郭環状道路、首都高速中央環状品川線、羽田、築地間の海底トンネルなど7兆円を超える基盤整備計画を再検討することを公約しています。

 オリンピックへの積み立て年1000億円あれば、特養ホームの建設を三倍加するのに三百億円、都営住宅の年間1000戸の新規建設で111億円、65歳以上の医療費の一割助成からのスタートに160億円など、福祉や生活向けの施策など楽に実現できることも示しています。

 都営住宅がたった111億円で1000戸建つことを考えれば、オリンピックのためのためこみなどやめたほうがいいな。こんな具体的な数字を示せる吉田さん、さすがだ。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

都知事選が間近

 都知事選の告示まで、あとわずかと迫りました。私たちの推薦する吉田万三さんで都政をかえようと街頭でも訴えていますが、知名度もあがってきて、目に見えて反応も良くなってきています。ここにきて、いろいろな人が立候補を表明しだしていますが、都民の生活を支えてくれる候補はだれなのか、慎重に選択しなければなりません。足立区長も経験している吉田さん。ぜひ、都政でもその手腕を発揮して欲しいと思います。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

遅れている都議会

 目黒区議会では議会運営委員会で、政務調査費の制度改善について識者からの答申をベースにして話し合いをすすめています。「目黒ショック」といわれた政調費不正使用問題があったわけですから、議会全体で正していくのは当然のことです。23区内、いやあちこちで同制度の改善をめざす議会も多い。

 そのなかで、この取り組みが最も遅れているのが都議会。日本共産党が政調費の収支報告書に領収書添付を義務付ける条例改正案に対し、あろうことか、自民、民主、公明はこれを先送りすることを主張したようです。

 23区すべての議会で政調費の領収書添付が実現するのに、都議会の自民公ががんとして拒否し続けるのは何か都合の悪いことでもあるのでしょうか。私の知り合いの民主党都議は、政調費の改革をすすめると言っていたのだが…。いったいどうなってんだ。自民公に改革の意思なしってとこか。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

改憲手続き法案が急ピッチ

 目黒区議会では第1回定例会が開かれていますが、国会では国民投票法案(改憲手続き法案)をめぐって緊迫した状況にあるようです。安倍首相が憲法記念日までに同法案を成立させようとしているなかで、これにあわせ、月内の衆院通過をねらっているというのです。標的は憲法九条の改憲です。世論では九条擁護が多いにもかかわらず、自公が数をたのんで無理やりごり押ししようとすることに道理はありません。ぜひ、九条守れの声を大きくしていきましょう。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

事務所びらき

Dscn12040  先週の3日土曜日に、私の事務所びらきをおこないました。事務所は平和通りの一角に構えました。当日、お忙しいなか、35人の方に駆けつけていただきました。ぜひ、生活相談などあればお立ち寄りください。

 事務所は、目黒区目黒本町4-7-7  TEL 5725-9625です。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »