« 演説会 | トップページ | まだ終わっていない――辞職した目黒の公明党の政務調査費問題 »

2007年2月22日 (木)

住宅難

 最近、お年寄りの方からの住宅に関する相談が増えています。賃貸住宅にお住みの方で、大家の都合で立ち退きを宣告されるというパターンです。幸い、私の受けた相談は大家が理解者で、賃借人のことを考えて対応するといっているようです。しかし、現在6万円強、区から支給されている高齢者向けの家賃助成がそのまま継続できず、2万円にも満たない支給になってしまうため、立ち退くことで不利益を受けてしまうのは事実です。

 区営住宅の募集もまもなく始まりますが、競争率が高く、思い通り入居できるか保障はありません。東京都でも目黒区でも公営住宅を増設するなど抜本的な住宅対策をとっていかなければ、都民・区民は浮かばれません。私もぜひ、住宅対策にがんばっていきたいと思っています。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 演説会 | トップページ | まだ終わっていない――辞職した目黒の公明党の政務調査費問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演説会 | トップページ | まだ終わっていない――辞職した目黒の公明党の政務調査費問題 »