« 漢字能力検定 | トップページ | 吉田万三さん、目黒に来る »

2007年2月 7日 (水)

柳沢厚労相、またも暴言。閣僚の資格はかけらもなし

 「女性は産む機械」と発言し、大ひんしゅくを買っている柳沢伯夫厚生労働相が、またもや暴言。六日の記者会見で、「若い人たちは結婚をしたい、子どもも二人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる。そういう日本の若者の健全な希望にフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思う」と語りました。今後の少子化対策について、若者の雇用改善の必要性を挙げた上での発言ですが、大臣としての資格はまったくない発言ではないでしょうか。

 当然、「子どもが二人以上いなければ不健全なのか」と誰もが反発します。私など子どもがいない家庭は「不健全」ということになってしまいます。

 だいたい、若者の雇用改善だなどといいながら、非正規雇用者を増大させ、若者の中に貧困と格差を増大させている責任は政府の施策にあるはず。「ホワイトカラー・エグゼンプション」なんかは、その典型的な例です。

 狭いアパートのなかで夫婦必死にくらしている、子どもを産みたくても経済的な事情で断念する人だっているでしょう。そんな現状を知っているのか。 厚生労働省といえば、雇用対策や少子化対策に責任を負っている部署。若者の現状や気持ちをまったく理解していない暴言の連発は、だれが見ても大臣には不適格です。こんな人物を厚労省のトップに指名した安倍首相の責任も大きい。柳沢氏は早く辞任すべきです!

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 漢字能力検定 | トップページ | 吉田万三さん、目黒に来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漢字能力検定 | トップページ | 吉田万三さん、目黒に来る »