« 訃報 | トップページ | 風見しんごさんの報道を見て »

2007年1月15日 (月)

不二家も食品安全ないがしろ

 不二家の社長が辞任を表明しました。消費期限切れの原料を何度も使用していたという、安全無視の生産管理をしていたのだから当然です。工場内で使い切れなかった牛乳を別の部署から押し付けられたという報道もあり、唖然とします。

 6年半前に大阪で雪印の低脂肪乳で1万人をこえる食中毒被害者を出したという事件がありました。食品製造管理のずさんさが生んだ事故で、多くの非難を浴びました。この教訓を不二家は全然生かしていなかったということが明らかになったわけですから、あまりのモラルのなさは本当に情けない。

 このような事件を起こせば、結局、働くものや下請け業者、小売業者に大きな犠牲をしいることになります。休業した店の職員の給料はどうするのか、ちゃんと保障されるのか。不二家傘下の業者への営業補償は…。改めて、大手企業の横暴を見たような気がします。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 訃報 | トップページ | 風見しんごさんの報道を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訃報 | トップページ | 風見しんごさんの報道を見て »