« 東京土建組合の旗開きなどに参加 | トップページ | 米アカデミー賞のノミネート発表された! »

2007年1月23日 (火)

ホワイトカラー・エグゼンプション、通常国会提出は断念したが…

 安倍内閣は「ホワイトカラー・エグゼンプション」法案の通常国会への提出を断念しました。残業代をゼロにし、長時間労働を野放しにする、とんでもない法案なので、世論の批判を浴び、断念するのは当然です。しかし、参院選を前に選挙に影響を与えたくないという思惑であるならばこれはペテンです。そもそも、この制度は財界がなんとしても導入したいともくろんでいるもの。財界としてみれば、いくら働かせても残業代を支払わなくてもいいのだから、利潤追求にはもってこいだ。労働時間が長くなれば、どうせ労働者本人の自己責任などというのだろう。身勝手すぎる。ぜひ、世論と運動で完全に断念させましょう。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 東京土建組合の旗開きなどに参加 | トップページ | 米アカデミー賞のノミネート発表された! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京土建組合の旗開きなどに参加 | トップページ | 米アカデミー賞のノミネート発表された! »