« 目黒区議会で臨時議会開く | トップページ | 政治の流れかえる年に »

2006年12月27日 (水)

労働時間の規制撤廃をやるのか

 週40時間の労働時間規制を撤廃し、ホワイトカラーの労働時間を自由化する労働基準法改定を、厚労省はおこなうようだ。長時間労働を促進し、しかも企業は残業代を払わなくてすむようになる。給料は成果で決まるので、裁量労働といっても、労働者同士が競争させられてしまうことになります。制度導入に当たって労使協議が必要だというが、労働組合がない職場はどうなるのか。企業の思うままにならないか。

 長時間労働がこれほど家庭破壊につながり、少子化をすすめているにもかかわらず、よりいっそうの長時間労働をすすめ、過労死を増大させかねない労働時間規制撤廃には反対せざるを得ません。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

 

|

« 目黒区議会で臨時議会開く | トップページ | 政治の流れかえる年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目黒区議会で臨時議会開く | トップページ | 政治の流れかえる年に »