« 自由が丘駅の駐輪場 | トップページ | 創氏改名 »

2006年10月29日 (日)

履修漏れ

 高校の履修漏れの問題が大きくなっています。高校生にとっては大学入試が近づいてきているのに、卒業できるのか、多くの時間を割いて補修を受けなければならないのかという不安が広がり、憤りの気持ちもよくわかります。どうやら、受験に関係のない科目は履修からはずし、受験科目にシフトしたという、高校生の学力の保証よりも、受験対策という小手先の思惑から履修漏れという事態を招いたようです。

 一種の受験偏重教育のゆがみでしょうか。特に進学校は、国公立大、有名私大に何人合格したかということが最大の関心事になってしまいます。履修すべきものは履修し、バランスのよい学力をつけていくことこそ、高等教育に求められているのではないでしょうか。世界史の履修漏れが多いようですが、私は各国の歴史や文化、民族性を理解するうえで、世界史で学んできたことは、今でも多少、役に立っています。受験に必要か必要でないかで学力に偏りが出るのは寂しい限りです。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 自由が丘駅の駐輪場 | トップページ | 創氏改名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自由が丘駅の駐輪場 | トップページ | 創氏改名 »