« 共謀罪法案が見送り | トップページ | 自由が丘駅の駐輪場 »

2006年10月26日 (木)

日ハム、日本一!

 日ハム、ついに優勝。おめでとう! 44年ぶりの日本一とのこと、本当によかった。kの日本シリーズでは、やっぱり日ハムの選手のほうがのびのびプレーをしていたように思う。プレッシャーの場面でも、過度に緊張せずに自然体で対処していた。心から野球を楽しんでいたという感じで好感が持てた。一方、中日は北海道に来て、完全に雰囲気に飲まれてしまったような感じ。プレーにはつらつとしたところが欠け、きめの細かい中日らしい野球がまったくできなかった。中日有利と見られていた戦前の予想を覆した日ハム選手のがんばりと北海道のファンの声援に乾杯!

 新庄選手の最後のプレー、そして流した涙。派手なパフォーマンスの陰で、人一倍努力していたんだな。チームへの気遣いも人一倍だったようで、新庄選手の新たな一面を見たようでなんか感動しました。

|

« 共謀罪法案が見送り | トップページ | 自由が丘駅の駐輪場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共謀罪法案が見送り | トップページ | 自由が丘駅の駐輪場 »