« 区民の生活は厳しい | トップページ | 共謀罪法案が見送り »

2006年10月23日 (月)

北朝鮮への対応で周辺事態法?

 北朝鮮の核実験が非難されるのは当然です。しかし、国連安保理が全会一致であげた決議で決めた枠組みは、平和的措置でこの問題を解決するという立場です。実際、その努力が進んでいるにもかかわらず、政府や一部の政党から有事法制の一つである「周辺事態法」の認定を主張していることや、核武装発言まで出ていることは大きな問題です。

 イラク戦争は、改めて一部の国の「武力制裁論」が誤りであることを世界に示しました。国連が平和的対応をすすめようとしているのに、日本では相変わらず「軍事対応論」がでてくることはたいへんな外交的遅れを感じます。「核武装」などは、日本が非核三原則を国是としている以上、議論になりえない話です。いい加減、世界の趨勢に目を向けた自主外交こそ必要ではないでしょうか。

http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 区民の生活は厳しい | トップページ | 共謀罪法案が見送り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 区民の生活は厳しい | トップページ | 共謀罪法案が見送り »