« 自治体学校 | トップページ | 自民党 総裁選 »

2006年8月 1日 (火)

プールの小2死亡事故に思う

 8月に入りました。本来なら猛暑で汗だく! といった日々をすごしているはずですが、クーラーのいらないほどの涼しい夏。今週末は暑くなるらしいですが、すごしやすいといえば、すごしやすいさわやかな日々。個人的には、こんな夏のほうがいいです。

 埼玉県ふじみ野市で起きた小2女児の市営プールでの死亡事故。流水プールの吸水口に吸い込まれるという痛ましい事故。吸水口のふたが外れていたという、まさに自治体の安全対策が疑われる事態になりました。このプールの管理・運営は民間会社に委託されていたそうです。そして、プールの点検も毎日から2日に1回に減っていたそうです。民間に委託することで、効率化や経費削減が優先され、安全管理がおざなりになっていたのではないか、疑わせます。「官から民へ」の流れは、このような事故を多発させてしまうのではないでしょうか。

|

« 自治体学校 | トップページ | 自民党 総裁選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自治体学校 | トップページ | 自民党 総裁選 »