« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

9月議会、一般質問へ

 8月もあしたで終わり。梅雨が長くて本当に「夏だ」と思える日が短かったせいか、なんか淋しい気がします。町会の掲示板には、碑文谷八幡の祭りの案内やみこし担ぎの案内が出始め、だんだん秋の祭りへと、街は動いているようです。

 きょう、9月の区議会の一般質問の通告文書を出しました。内容は私のHPをご覧ください。http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2006年8月27日 (日)

総合防災訓練

 目黒区の総合防災訓練が十中でおこなわれました。何よりも、日ごろの備えが大事。みなさんといろいろな訓練を体験しました。Dcf_00160 写真は、防災トイレを区の職員が組み立てているところです。Dcf_00230 こんなふうに組みあがりました。

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

ダイエー前、学大前で宣伝

 きょう4時から、区議団そろってダイエー前で宣伝しました。目黒でも小学生の医療費を無料にしようと訴えました。宣伝を始めたとたん、雨が降り出しましたが、短時間であがったので助かりました。また、そのあと、5時半から学芸大学駅前で、目黒区日本共産党後援会で宣伝・署名活動をおこないました。今後もどんどんやっていきます。ぜひ、見かけたら声をかけてください。

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

冥王星が惑星でなくなった

   国際天文学連合(IAU)が冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択しました。冥王星は「惑星」でなくなります。子どものころ、「水金地火木土天海冥」と太陽系の惑星を覚えさせられた経験は誰にもあると思いますが、まさに、科学の発展、新しい発見が常識を非常識にしていくのでしょう。

 やはり、何事も決め付けはよくないと、改めて感じます。今は正しいと思われていることでも、時間がたてば正しくなくなること、またその逆のこともあります。常に柔らかな頭で物を考えていくことが重要だと思いました。

| | コメント (0)

2006年8月22日 (火)

共産党の都内の議員が集まって研修会

 都内の共産党地方議員が集まって、2泊3日で研修会をやりました。4年に一回、こうした研修会を開催するのですが、さすが、全都の地方議員が集まると圧巻であります。

 日本共産党の綱領の学習だとか、現在、地方政治が直面している問題点について学んだり討論をするんですが、他の自治体のわが党議員の活躍ぶりを聞くと刺激を受けると同時に、自分たちの不十分さも見えてきます。まだまだ、修行が足りないなと思うことしきり。やはり、こういう場は必要ですね…

| | コメント (0)

2006年8月19日 (土)

ごみ問題で討論

 ごみ問題でとことん討論しようという催しが目黒区内できのう、きょうと開かれました。11回目だそうです。今年は23区が廃プラスチックの焼却を打ち出したこともあり、その是非が中心に討論されました。

 廃プラを燃やせば有害汚染物質が出るし、ごみの発生抑制意欲も分別意欲もリサイクル意欲もなくなってしまう。容器包装リサイクル法も事業者負担が不徹底な改定になってしまったし、まだまだごみ後進国だ。みなさんの意見や取り組みを聞いて勉強できた2日間でした。

| | コメント (0)

2006年8月17日 (木)

ロシアの日本漁船銃撃

 まったくひどい話だ。明らかに非はロシアにあると思います。いきなり銃撃して命を奪う。拿捕する。あってはならないことだ。まだ、遺体と乗組員はロシアの手の中にあるらしいが、早く遺体の返還と乗組員の釈放をすべきだ。

 千島問題は、ソ連の時代から日ロ両国に横たわっている問題で、早期の解決が求められています。「南千島は千島にあらず」などとしてきた政府の見解をただし、千島樺太交換条約の時点にさかのぼって「千島列島は日本の領土だ」という立場で政府も交渉すべきだ。改めて、ロシアとの外交交渉を強めることが必要だと思います。

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

小泉首相、やっぱり靖国参拝

 小泉首相が8月15日の終戦記念日に、靖国神社の参拝をおこないました。靖国神社といえば、侵略戦争に対して「正しい戦争だった」と美化する立場を明確にしていて、参拝すれば、当然、過去の戦争に無反省な立場に立つことになります。こともあろうに、終戦記念日に参拝すれば、アジア諸国とのあつれきを、より深刻にすることは明白です。「いつ、参拝しても批判される、だから、15日に参拝した」などと開き直るのもとんでもない話です。

 9月の自民党の総裁選には、靖国参拝を露骨に掲げる候補もいますが、日本外交を台無しにしてしまう亡国内閣になることはまちがいないでしょう。

| | コメント (0)

2006年8月14日 (月)

停電

 きょうの朝の停電は、改めて電気に依存して生活をしている私たちにとって、考えさせられる出来事でした。まず、扇風機もエアコンも使えない。朝の涼しい時間帯だからよかったものの、猛暑の日中だったらたいへんです。マンションなどに住んでいると、断水になる。トイレに行っても水が流れない。情報をどこで手に入れるかも考えなければならない。我が家には携帯のラジオがありませんでした。携帯電話がつながっていたのは何よりの救いでしたが。

 しかし、実際の災害ではライフラインが途絶えてしまいます。45分ほどの停電でしたが、災害では復旧に少なくても数日はかかる。改めて日ごろの備えの重要さを実感しました。

| | コメント (0)

2006年8月13日 (日)

ムーヴィン・アウト

 きょう、ブロードウェイミュージカル「ムーヴィン・アウト」を観て来ました。ビリー・ジョエルファンとしてはたまらない企画。懐かしいビリーのナンバーを20曲以上、歌ったでしょうか、ダレン・ホールデンの歌もなかなかよかった(^^♪ ダンスもよかったよ。ただ、なんであの名曲、「オネスティ」を歌わなかったのか… なんでだよー。それだけが残念であります。

 久しぶりに私のHPの「趣味のページ」に感想など書いてみます。 ご覧ください。http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2006年8月 9日 (水)

交番が「○○地区安全連絡所」に?

 きょうの区議会企画総務委員会で、警視庁が都内121交番の廃止計画をやめ、「○○地区安全連絡所」「○○区(市)安全・安心ステーション」とする方針をたてたことが情報提供されました。廃止・撤去については住民や自治体から反対の声が強まっていましたが、「連絡所」などに衣替えしても、交番機能の低下はまぬがれません。

 私なりの考えを示してみました。HPをご覧ください。http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

台風近づく

 台風が近づいていて、きょうの朝の宣伝は雨で中止。あしたの朝もこの分では雨かな。3つも台風が同時に来るなんて、本格的な台風シーズンに入ったのかな。お盆が近づき、ようやく休みが取れると楽しみにしているのに、台風でダイナシ! なんてことにならないように照る照る坊主でもつくっておこう。

 そして、夏の高校野球も始まり、きょうも延長戦が相次いで接戦が繰り広げられたようです。私の出身校も11年前に甲子園に出場し、3回戦まで進みました。せめてベスト8まで進めば、「台風の目」ともいわれたんじゃないかな。球児の皆さん、がんばってください!

| | コメント (0)

2006年8月 6日 (日)

平和祈念

 今年も8月6日がやってきました。朝は区役所前にある「平和の石」のつどいに参加し、そのあと、区が主催する平和祈念のつどいに参加しました。毎年、小学生の平和標語、広島へ訪れた中学生(訪れたときは小学生)の平和への思いを聞き、感心すると同時に憲法九条の厳守、核廃絶を切に願っています。願うだけでなく、自ら行動をおこさなければ。

| | コメント (0)

2006年8月 2日 (水)

自民党 総裁選

 自民党の総裁選が事実上、始まったとの報道。テレビのニュースなどでの報道を見る限り、どの候補も小泉政治の継承者といった感じ。谷垣氏も「格差社会をなくす、地域から支える」などと言っていたが、具体策はまったくわからず。消費税を10%にするなどといっているのだから、痛みの政治を続ける気なのだろう。

 支持率が高いといわれている安倍氏に至っては、憲法九条改憲あり、靖国神社の参拝あり、もちろん、痛みの政治もありで、国民のくらしも外交もめちゃくちゃになってしまう気がしてならない。結局、自民、公明政治を根本から変えないと話にならないなあ。来年の選挙、がんばろう。

 私のHPにもお立ち寄りください。http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

| | コメント (0)

2006年8月 1日 (火)

プールの小2死亡事故に思う

 8月に入りました。本来なら猛暑で汗だく! といった日々をすごしているはずですが、クーラーのいらないほどの涼しい夏。今週末は暑くなるらしいですが、すごしやすいといえば、すごしやすいさわやかな日々。個人的には、こんな夏のほうがいいです。

 埼玉県ふじみ野市で起きた小2女児の市営プールでの死亡事故。流水プールの吸水口に吸い込まれるという痛ましい事故。吸水口のふたが外れていたという、まさに自治体の安全対策が疑われる事態になりました。このプールの管理・運営は民間会社に委託されていたそうです。そして、プールの点検も毎日から2日に1回に減っていたそうです。民間に委託することで、効率化や経費削減が優先され、安全管理がおざなりになっていたのではないか、疑わせます。「官から民へ」の流れは、このような事故を多発させてしまうのではないでしょうか。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »