« 大気汚染をなくせ | トップページ | 子どもの医療費 »

2006年6月 9日 (金)

首都高速環状品川線の事業説明会

 きのう、首都高速環状品川線の事業説明会が中目黒小学校でおこなわれました。肯定的な意見もありましたが、不安視する声や「中止すべきだ」という声もあがっていました。換気塔から出る排ガスの影響は微小だという区の説明だったが、本当にそうか、健康に影響はでないのか、住民の不安の声は当然です。事業費も首都高速株式会社が2千億円、都が2千億円と膨大な事業費。臨海開発で借金だらけの都財政で、2千億円も都民の税金を使って品川線をつくる必然性はあるのか。交通渋滞の解消のために避けて通れない事業だと都は言っていたが、新しい道路をつくることで、よりいっそうの車の集中を呼び起こし、結果的に渋滞も解消しない、そんないたちごっこの繰り返しのように感じてなりません。事業は中止すべきだという意見に賛成です。

 詳しくは、私のHPにも近日中に紹介します。http://www.jcpmkd.jp/iwasaki.html

|

« 大気汚染をなくせ | トップページ | 子どもの医療費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大気汚染をなくせ | トップページ | 子どもの医療費 »